どんなふうにソバが成長していくのか、会社入り口横にソバの種を播いてみました。 8月11日金

 8月18日金 発芽までに3日

8月29日火 15センチ程に成長

9月1日金 8月29、30、31に夕方から夕立
一気に成長をはやめる。21センチ

9月8日金 30センチ。
一つの茎からは花が咲きはじめている。

 御所のソバ畑に行くにはちょっと遠い。畑の様子がわかるかと植えてみました。
(つまりは開花時期と刈り取りの時期を知りたかった。)しかし、実際の畑とは随分様子が違います。

9月16日土 50センチ 葉が一段と大きくなってきた。

9月22日金 50〜60センチ 花の数がふえている。

9月29日金  鉄柵の60センチの所にチョークで印

10月6日金 60〜70センチ位 全体に花が咲く。

 背丈が60センチを越すと茎は自重を支えきれないのか、横に倒れてまた上に伸びようとします。
 この場所は国道26号線沿いにあります。どこから虫が飛んでくるのでしょう。でも確実に虫は集まってきます。

10月13日金 写真上部に4粒程の実が見られる。 

10月21日金 結構いろんなところで実になっている。

10月28日金

10月28日金

種を播いたのが盆前の8月11日、今日10月28日でちょうど78日目になります。白い花は人の目をひきます。写真を撮っていると、道行く人からよく尋ねられました。「それはなんの花ですか」ソバの花とわかって反応があります。「へ〜ぇこれがソバの花ですか」町なかで植える場合、gardeningの感覚で花を見るだけでも充分かもしれません。でも、数は少ないですが実はなります。こんな話があります。ある方がソバの種を会社の同僚に分けたそうです。そんなことも忘れていたある日、彼の仕事机の上にひと粒のソバの種が、添えられたメモには「お返しです」とありました。明日は御所のそば畑で刈り取りです。そしてこの観察も今日で終了します。