そば関連書籍のご案内 


「そばの歴史を旅する」 鈴木 啓之著
   柴田書店刊 定価1890円
   ISBN4-388-35320-5
鈴木さん曰く。「そば屋稼業の寸暇を盗んでは歩き回った全国そば処行脚はそばの歴史と地理の接点を探る巡礼の旅であった」。そばにまつわる史跡や習俗などを訪ねて全国各地を歩き回り自分の目で確かめる。「今の人は人に頼りすぎます。調べもせずに、何でも聞けばいいというのが嫌ですね、まずは自分で調べるのが第一だと思います」。平成17年10月26日逝去される。「増音」主人。


  「蕎麦屋酒」 ああ、「江戸前」の幸せ
   古川修著
   光文社新書 定価720円+税
   ISBN4-334-03236-2
「蕎麦屋で飲む酒と酒肴と蕎麦のたしなみ方には、無駄をこそぎ落とした簡潔さがある」。なのであります。残念ながら大阪には蕎麦屋酒を楽しみながら、そばを手繰るというスタイルはありません。気張る自分をどこかで茶化してしまうところがあるからです。うらやましいスタイル、いや文化です。酒についての一家言は思わす読んでしまいます。造りのしっかりした純米無濾過生原酒であれば燗が実に旨い。後半は蕎麦屋ガイド、著者なりにそば屋さんが分類され、酒とそばとそば好きが
語られます。


  「蕎麦屋のしきたり」
   藤村和夫著
   NHK出版 定価640円+税
   ISBN4-14-088001-5
著者の藤村さんは有楽町更科四代目主人、文章に魅力があります。優しい語り口が独特なリズムをつくります。そば屋さんがどんなふうにして歩んできたか、、、。しっかり読み手に伝わってきます。本のなかにあります。「手元を見てやり方を頭に入れ、食べて味を覚え」、技術を「盗まなくては」誰も教えてくれないのです、、、。倅より養子の方が頼りになります。倅には選択権がない、ということです。ひとりでに遊び人ができます。養子は好きでその商売に入っていますから問題はありません、、、。読み返してその度に新鮮です。

  「上達の法則」効率のよい努力を科学する 
   岡本浩一著
   PHP新書 定価680円(税別)
   ISBN4-569-62198-8
人に教えてもらって買った本にろくなものはありません。友人があまりに熱心にこの本を語ります。その熱中が気になっておもわず買ってしまいました。「経験が効率よく蓄積される。コード化があってはじめて大量の記憶が可能となる。コード化(テキスト化)が容量を小さくするのに役立つ。上級者の記憶事象の絶対量が多いのは、記憶のためのコードがたくさんあり、多くの事象が小容量で記憶できるからである、、、。」

  「そば往生」 
   石川文康著
   筑摩書房 四六版 1600円
   ISBN4-480-87745-2

「そば打ちの哲学」に続いての作品。
本を読んで楽しいと感じるのは、著者のリズムと読み手のリズムが同調したとき、文中にあります。「その感触は手と物との完全な密着感だからである。その証拠に、こねの作業におけるそばの「粘土」の一部を手で握りしめ、再び手を開けば、そこに指や手のひらの筋がくっきりと、リアルに刻印されているのがわかる。この密着感は、そのまま対象との一体感であり、対象に対する納得感である、、、」。

 「蕎麦百景」
  浪川寛治著
  三一書房 定価 本体2200円+税
  ISBN4-380-98286-6

本にそばとタイトルされていれば買ってしまう。でも不思議に後で何が書かれていたか思い出せない。そういう本が多いのも事実。でもこの本はちょっと違います。

そば好きに贈る100の話
そばの育種、栽培、流通、製粉から、手打ち、そば料理まで、


 
  
図解江戸流そば打ち技術」
  監修・指導 鵜飼良平 イラスト・文 荒井正憲
  柴田書店 定価 本体1300円(税別)
  ISBN4-388-80632-3
 
全編がイラストと文で構成されます。雑誌「めん」のインタビューに荒井正憲さんが答えます。「イメージしたものを絵にするには、、、観察力です。対象を正確に細かく見て頭に入れることで、、、」。イラストにすることで、見えない部分がよくわかる。昔、同じような本がありました。ベン ホーガンの「モダン ゴルフ」
 

 
  「
そば学大全」日本と世界のソバ食文化
  俣野 敏子
  平凡社新書 定価 本体740円(税別)
  ISBN4-582-85152-5

意外と知っているようで知らないのがソバの世界。育種から機能性食品としてのソバがわかりやすく解説されています。そばの食べ方にして私共は麺線にして食べるそば切りしか知りません。いろいろあります。カーシャ、ポレンタ、クレープ etc。各国で食べられるソバ料理も紹介されています。
 

機能性食品としてのそばに注目し、いろいろなテーマが研究されています。
www.sbrc.ca/ncarm/をご覧ください。
informationを選び、buckwheatにあります。


 
  「
そば打ちの哲学」
  石川文康著
  ちくま新書 088 定価680円(660円)
  ISBN4-480-05688-2

みんなが知っている言葉を使っていると安全ということがあります。そんなとき、違った表現に出会うと嬉しくなります。石川文康さん、この本には著者のそばに対しての思いが詰まっています。本の後半には十編のエッセーがあり、そばに対して素直に感情を投資したことが報われた瞬間が鮮やかに描かれています。


「美々卯のこころ」 
 薩摩卯一著

もてなすということ
のれんを守るということ
花があるということ

定価1000円
大阪市中央区本町4丁目6番4号
株式会社 美々卯
tel 06-6261-7241

 上野藪そば 鵜飼良平の
 
手打ちそばのすすめ
  
 フーディアム・コミュニケーション 定価 1000円
 
随分前に出版されました。
この本で手打ちそばを覚えられた方は多いはず。
写真で詳しく手打ちの手順が解説されています。

フーディアム・コミュニケーション(株)