「喜作」の主人、池さんの元で手打ち修行をしました。
大将の打つ手打ちを目指して毎日がんばっています。



戻る