蕎麦の話題 4




  思わず口をついて出る地口、声に出すと節がついて名調子に、、、。

  おやまかチャンリンそば屋の風鈴もりかけ八厘
  粋な酒 やっぱり蕎麦で 締めくくり
  うどん屋が 三日休めば のぞかれる
  酒飲みは 奴豆腐にさも似たり はじめ四角で末はぐずぐず
  ゆずよりすだち(氏より育ち)


井原西鶴
鶴永と号していた頃
右欄「好色一代男」の挿絵に絵馬型看板があり、いも川 うむどん(うどん)が読めます。芋川は五十三次の宿場である鳴海、池鯉鮒の中間に位置し、三河、尾張の国さかいの三河の側の立場。万治版(1658年)に名物に、うどん、そば切りあり、道中第一の塩梅よき所なり、とあります。



井原西鶴独吟に、うどんでもそばでもうたせ浪の月 夕めし迄は遠山の色があります。延宝9年4月1日、西鶴は大阪の生玉神社で1日4千句の矢数俳諧を興業します。4千句の中に蕎麦に関係する句がいくつかあります。
第三  兵(つわもの)は古大根の勢ぞかし 忽蕎(ソバ)切きり五桶の沙汰
第十六 難行の釈迦の便は棒にあり 饂飩蕎切り空々寂々
第三十 蕎切は名誉不思議の酒相手 寝(ネタ)ふと起(ヲキヤ)ふと一日の夢

松屋呉服店「浪華百景」
(大丸百貨店)

現在の大丸百貨店の前身松屋呉服店。大阪出店は享保11年(1726)、心斎橋筋。松屋は暖簾に染め抜かれた大の商標から大丸と呼ばれ、享保2年に伏見で始めた呉服店大文字屋の屋号に由来するという。



三井呉服店「浪華百景」
(三越百貨店)

元禄4年(1691)三井呉服店は大阪高麗橋通りに出店、今も三越として、同所で営業する。延宝元年(1673)に江戸と京都で三井越後呉服店の名で商売を初め、成功をおさめた後のことである。図には、間口半町(約55メートル)に及ぶ店先、出入りする客など賑やかな高麗橋通りの賑わいが描かれる。

薬草事典で紹介されているソバの説明

ソバ(タデ科)
異名:  ソバムギ ススジクサ ソマ
生薬名: 蕎麦(キョウバク)
薬用: ソバ粉に水を加えてよく捏ねて、はれものに貼付します。

  献立とは

「祝賀の宴などの式を正すに、式三献、七五三などの儀あり、皆、献の数によりて名づけたる也。献とは肴を出す更にあらためて盃を勧むるをいふ。古来、三の数を三たび重むるを目出度しとして、九献を進む。されば酒の異名を九献と呼び、江戸時代に至りても、婚儀の盃を三三九度といひならはせり。七五三は、七献、五献、三献を重ねるの儀にして、将軍家などには十七献を重ねる事もありき」
-
「味覚三昧」 辻嘉一

酒は上方からの下(くだ)りもの。杉の樽に詰められた酒は、樽回船のなかでもまれ、旨くなる。
さて是(これ)は伊丹入(いたみい)っ樽ご進物

徳利のお土産(みやげ)何より伊丹いたみ)入り

船中でもめばやわらく伊丹


   
新諸白一升に付
 一、 大阪上酒  代 四十二文
 一、 西宮上酒  代 五十二文
 一、 西宮極上酒 代 六十四文
 一、 
伊丹上酒  代 七十文
 一、 
伊丹極上酒 代 八十文

酒を飲むに5つの理由あり
一、良酒あらば飲むべし

一、友来たらば飲むべし
一、のど、渇きたらば飲むべし
一、もしくは渇くおそれあらば飲むべし
一、もしくはいかなる理由ありても飲むべし

そばと酒の相性はいい

お酒は無色透明ではありません。


利き酒用の猪口の真ん中には、必ず藍色で二重丸が描かれます。酒の色、澄明度が識別できるようコントラストとしてデザインされています。


薄闇のなかにすべてを覆い隠して弛緩の時間が紛れこもうとしている。誰がつけたか宵の口、かの地の人が黄昏酒と呼んだ時間がもうそこに・・・。

 朝食の蕎麦菓子

New Yorkerという雑誌があります。都会的で洒落た小説が掲載されることで有名です。アーウイン・ショウの「夏服を着た女」は常盤新平さんの訳で読まれた方も多いはず。 そんな小説にJoel Sayrenの小品 Love in the snowがあります。少年期の淡い恋心が描かれます。ちょうど川端康成の掌の小説を読んでいるような。訳は福島正実さん、思わずSFマガジンを思い出しました。
さてLove in the snowに次のような件が
母親は先に立って食堂に行った。テーブルについたとき、父親はもう
蕎麦菓子と小さなポークソーセージの朝食にとりかかっていた。彼はピーターの顔を見た。「どうしたピーター」「明日はジャニイとお別れで、悲しいのか、そうだろう?」大晦日、マーシイ山中のリゾートホテルでの朝食の食卓にでた蕎麦菓子とはどんなものなのでしょう。


二人が腕木を握り前後に動かす。腕木は天井から吊ったロープによりブランコのような動きをする。振り子運動は挽き木と臼のレバーによって回転運動に変換される。挽き木は、ユニバーサル・ジョイント(自在継手)のような動きをしている。

 



という語には、「自家製の」といった意味がある。

織りという語は今もあるし、調布と書いて、万葉集などで、「てづくり」とよんでいるのはやはり自家製の布のことで、今ならホームスパンということだろうと思う。てまわりの品とか、てばこなどという時の接頭語のは、「自家製の」という意味から少し変わって、「わたくしの」といった、公でないものを指す意味になっている。手打ちそば、と名のったそばは、だから、自家製のそばというということであるが、、。、、、そういう看板にいつわりのある、手打ちそばでない手打ちそばを売るそばやがあるとすれば、それは「お手打ち」ということにしたいものだ。  ー「たべもの歳時記」 池田弥三郎著