和泉市久保惣記念美術館



大阪の人間がちょっと自慢してみたくなる美術館が泉州にあります。久保惣太郎氏と同家の人々が、和泉市に蒐集した美術品、敷地、建物を運営基金とともに寄贈、昭和57年に開館しました。

左:美術館入口
右:創作、陶芸教室
 

 
平成13年6月9日(土)和泉市久保惣創作教室・陶芸教室
 
意気込まなければいけない理由がある。自分のつくったそば猪口で、手打ちそばを楽しむ。

松田先生によるそば猪口の講義。

予想以上の参加者。

打ち手は岩田さん。

 三種類のそばを打ちました。特選、挽きぐるみの二八。青菊と玄そばの挽きぐるみの二八。それぞれに個性がちがいます。
 そばも器をかえてやることで違ったそばの楽しみ方ができます。それは私どもにとって新鮮な感覚でした。

  美術館のなかは非日常の空間、時間が固定します。

全員で記念写真 前列右端が橋本さん
 館内 左から笹峰、中川、岩田、植田

同美術館内の庭園

 

 工房内部です。みなさんの作品が所狭しと並びます。奥には大きなコンピューター制御の釜が3つ並びフル稼働しています。

同陶芸教室主任講師、橋本由雄さんの本をご紹介します。ensemble/アンサンブル -yoshio Hasimoto- 
文中にあります。「陶芸の仕事は、長年の勘と経験が作品を熟成する手助けをします。グッグッと時間をかけて煮込んだ料理のようです」。彼が描いた絵があります。イメージが増幅し形が与えられます。

 和泉市久保惣記念美術館 KUBOSO MEMORIAL MUSEUM OF ARTS, IZUMI

 594-1156 大阪府和泉市内田町85番地 
 TEL 0725-53-1071・2219 FAX0725-54-1885

 開館:午前10時から午後5時まで(出札は4時30分)
 休館:陳列替期間および会期中の月曜日
 観覧料:常設展 大人200円 大高生150円 小中生100円

  交通案内
 泉北高速鉄道「和泉中央」下車
 南海バス1、3 乗り場より春木川行・若樫行・松尾寺行・美術館行乗車・「美術館前」下車

 車:阪和自動車道岸和田・和泉ICを出て3分