そば豆腐のつくり方 
そば豆腐はそば出汁をつくっている合間を利用して簡単につくれます。

用意するものは
そば粉100g、、
そばの実、出汁800cc(二番出汁)、
葛粉35g、調味料(醤油、味醂、酒)量は好みとします。
これで10人分です。
 
注:
そばの実は約10〜15分ゆがいて、醤油と砂糖で味付けしておきます。

そば粉、出汁、そば実をボールにいれてよくかき混ぜます。特にそば粉のだまがなくなるまでよく撹拌します。


ボールからフライパン、もしくは底の浅い鍋に移しかえ過熱します。
過熱するにしたがってだんだんとそば粉から粘りがでてきます。
常に撹拌し続け、フライパンの底を焦げつかせないようにします。
調味料として醤油、味醂、酒を適量くわえます。
ころあいを見計らって水で溶いた葛粉を流し込みます。(葛粉35gに対して100ccの水で溶きます)
注意)出汁は二番だしです。一番だしでは濃すぎて鰹の香りが勝ってしまいます。


バットのなかにサランラップを敷き、その上にゼラチン状
の溶液を流し込みます。
湯気がおさまるのを待って冷蔵庫に入れます。


 一晩おけば御覧のとおりのそば豆腐ができあがります。