荒れた表面をパテで埋める。


見事に出来あがった補修面。

全体に磨きをかけて作業を終える。

 仕事中の岩田さんとの話は楽しいものでした。最近、のみとかかんなを使う仕事が減ってきた。
昔の大工は自分で工夫したのみをいくつももっていたもんだ。に始まり、どこの産地の木にはどんな特徴がある。
それは使いこんだときに違いがでてくる。木のどの部分をつかっているかも木目をみればわかる。
おそらく木に精通している大工さんだからの話。